将来にわたって
安心できる
パートナー

選ぶなら「三協フロンテア」。他社とは違う3つのポイント。

信頼、運営力、商品力の3つのポイント

土地活用を考える際は、利回りといった「収益性」を考慮するのはもちろん、将来的な視点で、その会社が「パートナーとして適しているか」といった見極めも重要なポイントです。
三協フロンテアは、46年の歴史を持つユニットハウスのリーディングカンパニー。信頼、運営力、商品力の3つのポイントにご注目ください。

土地活用は末長いお付き合い。ぜひ信頼できるパートナーと。

三協フロンテアは、JASDAQ上場企業です

ユニットハウスのレンタル・販売を主軸事業としており、業界ではトップクラスのメーカーです。
ユニットハウスの特性を最大限に活かして、素早く、堅実に、そしてリスクの少ないトランクルーム経営を提供します。

収納スペース推進協会(RSA)に加盟。全店でRSマークを取得

RSA(レンタル収納スペース推進協議会)

厳しい審査を通過し、RS推奨マークの認定を受けています。物品を収納するスペースが、安心・安全な施設であることをレンタル収納スペース推進協議会が下記事項について審査し付与するマークです。
I.事業者の契約約款等が整備され適切なサービスであること
II.収納施設が適切な環境とセキュリティシステムであること
III.法令等に基づいている施設であること

違法建築にご注意ください。U-SPACEは建築基準法を遵守しています。

そのトランクルーム、違法建築ではありませんか?

違法建築にご注意ください

海上コンテナを利用したトランクルームをご覧になったことはないでしょうか?カラフルに塗装されたコンテナは、人気のサービスのように見えます。ただしコンテナの足元を見て、ブロックに置かれているだけだった場合などは要注意。それは建築基準法に適合しない「違法建築」の可能性が高いからです。

建築基準法では、建築物を建てる場合は、確認申請書を建築主事に提出し、確認済証の交付を受けなければならないと定めています。そして、屋根および柱、もしくは壁を有するものはすべて確認申請の対象となります。トランクルームも、建築物である以上は基礎やアンカーボルトを用いて土地に定着させ、建築確認を受けなくてはならないのです。

法令違反には厳しい罰則の可能性も。大きなリスクがつきまといます。

違法建築を建築するリスクの例
違法建築を建築するリスクの例

建築物が確認申請をしておらず、建築基準法に違反していた場合、建築主や施工業者だけでなく、 建築物・敷地の所有者にも厳しい罰則の可能性があります。
コンテナを「置くだけ」で初期投資を抑えても、 将来のリスクをずっと背負うのでは困ります。トランクルームでの土地活用をご検討される際は、建築確認申請の提案がない業者には気を付けてください。

でもコンテナはたくさん建ってるよね。大丈夫なんじゃないの・・?

いいえ、行政も対策を始めています。

平成26年12月26日、国土交通省住宅局から、都道府県建築主務に対し、「コンテナを利用した建築物に係る違反対策の徹底について」という通達がなされました。 実際の違法コンテナ倉庫の是正例を写真付きで通達し、警鐘を鳴らしています。

U-SPACE運営の豊富な実績

No.1ユニットハウスメーカーだから、商品力が違います。

三協フロンテアは、創業46年のユニットハウスメーカーです。

ユニットハウスをご存知でしょうか。ユニットハウスは、建設現場の事務所に始まり、店舗や一般企業様の事務所に使われています。三協フロンテアはユニットハウス業界でトップクラスの実績を持ち、このユニットハウスの技術と建築の技術を融合して、トランクルームを展開しております。
建築確認申請が取れるのは当然ですが、自社の工場で一貫して生産、強度試験や水密試験を経てオーナー様のもとへ届けられます。

建築基準法の遵守はもちろん、収納物を確実に守るトランクルームの品質、そして集客からサポートまで実績のある運営力。オーナー様の土地活用を、安心して当社にお任せください。

それでは、U-SPACEの契約から開業までの流れをご案内します。

トランクルームで土地活用ご相談ダイヤル

0120-5109-55

インターネットからもお申し込みいただけます。

このページのトップへ